長時間のマスク着用のせいで肌荒れする人増加中!肌への負担をどう和らげれば良いのか

新型コロナウイルス対策として、これまでマスクをあまり使用してこなかった人も長時間マスクを着けるようになりました。それにより、今まで無かった肌荒れを起こしてしまって悩んでいる人も多いことでしょう。
長時間のマスク着用による肌への負担を少しでも和らげるにはどうしたら良いのでしょうか。

 

長時間のマスク着用による肌荒れの原因

windy163さんによる写真ACからの写真

実はマスクによる肌荒れは主に、摩擦やマスクの中の蒸れ。摩擦は頬の部分など擦れてしまい起こるものですが、マスクの中の蒸れは呼吸しているのでとても蒸れやすい状態になっています。

その蒸れは肌の水分も一緒に引っ張っていってしまうため、常に乾燥してしまっている状態になっているのです。それも最近暖かくなってきているので、汗としてでた水分をそのままにしておいてしまっては雑菌が繁殖。吹き出物の原因になりかねません。

主な対策方法としては、

  • 刺激の少ない、肌あたりの柔らかいマスクを選ぶ(擦れる部分にガーゼを挟むのも◎)
  • マスクを外す時間をつくる(換気の悪い密閉空間以外で)」
  • 汗をかいたらこまめに拭き取る」
  • 敏感肌対応のスキンケアを使用する」
  • まめに保湿と外的刺激から肌を守るクリームやバームを使用する」

などがあげられます。

 

お肌を保護するおすすめアイテム

フェイス&ボディクリーム 25g(1200円)/MAMABUTTER(ママバター)

100%天然由来成分でつくられたシアバターのバームは、1つで顔や体、髪や唇と全身に使える元祖マルチバーム。シアバターの採れる地域では、赤ちゃんが生まれたらシアバターを全身に塗って保護してあげる習慣があるほど。

シアバターの魅力は人の皮膚に含まれるオレイン酸とステアリン酸という成分、そしてビタミンA、B、C、D、E、F、Kなどのビタミンも。高保湿なだけでなく、乾燥や摩擦などで乱れてしまった肌を、皮脂膜のように膜をつくってくれるので、肌の水分も守りながら、外的刺激からもガードしてくれます。また人の体温でとろりと解け溶けていくテクスチャーはクセになる人続出!

 

薬用 クリアバーム 18g(1600円)/IHADA(イハダ)

資生堂独自の原料である、限りなく不純物を取り除いた高精製ワセリンと美白成分であるトラネキサム酸や、肌を整えてくれるグリチルリチン酸ジカリウムを配合した、クリアバーム。保護膜を皮膚につくってくれるため、肌の水分の蒸発を防ぎ、外部刺激から肌を守ってくれます。

またどうしても残ってしまいがちな赤みやシミをも同時にケアしてくれるのも嬉しいところ。肌の刺激になりやすいアルコールやエタノール、香料なども含まれていない低刺激設計のため、元々敏感肌の人でも使いやすいのも魅力的。

 

モイストリペア メディ クリーム 15mL(1600円)/made of Organics(メイドオブオーガニクス)

乾燥やかゆみを繰り返してしまう場所はありませんか? 乾燥し、かゆみが出る部分はこれから肌荒れするよというサインのひとつ。そんな繰り返しトラブルを起こしてしまう肌荒れにアプローチしてくれるのがこちら。

特許成分である、しょうゆ醸造発酵粕から採取された「天然ヒト型セラミド」を高濃度で配合したクリーム。乾燥に働きかけるγ(ガンマ)オリザノールを含む米ぬかオイルや保湿効果のあるリコリスエキス、オーストラリアの家庭では薬箱に入っていたというティーツリーオイルなど植物保湿成分をたっぷりと配合。キメの整った肌へと導いてくれます。

 

薬用 美白アクネホワイトクリーム 夜用ポイントパッチ付き 7g(1480円)/ACNES LABO(アクネスラボ)

ニキビ対策グッツとして集中ケアが叶うこちらは、気になる部分にクリームを置いたパッチを顔に貼るというアイテム。どうしても気になってニキビなどを手で触ってしまう癖がある方は、こういったアイテムを使用してガードを。

また痕が残ってしまうのが気になるものですが、ビタミンCなどの成分がメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防いでくれます。

 
出典:https://www.crank-in.net/trend/report/75050/1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。