楽天モバイルへの乗り換え/今だからこその注意点

楽天がMVNO(仮想移動体通信事業者)として提供する「楽天モバイル」は、ユーザーの4分の1がメインで利用する定番の格安SIMサービスです(MMD研究所が2019年3月に公開した調査結果より)。価格.comでの人気も高く、「格安SIMカード人気ランキング」を見てみると、音声通話SIM・データ専用SIMともに楽天モバイルが1位を占めています(2019年8月6日時点)。

そんな楽天モバイルにこれから乗り換えようと考えている人も多いと思いますが、格安SIMとSIMフリースマホがセットになっている「格安スマホ」を購入する場合には、今だからこそ注意すべきポイントがあるのです。

 

楽天モバイルは2019年10月から「大手キャリア」の仲間入り

すでに各所で報道されているように、楽天モバイルは今年の10月から自社回線を使ったサービスを開始することになっています。

現在、楽天モバイルはMVNOとしてNTTドコモやauのネットワークに相乗りしてサービスを提供していますが、10月からは大手キャリアと同じように、基地局の整備やネットワークの維持管理などを自分たちの手で行うことになります。

このように、自社でネットワークを整備して独自のサービスを提供するキャリアは「MNO(移動体通信事業者)」と呼ばれます。楽天モバイルはMNOになることで、大手キャリアの仲間入りをするのです。

 

楽天モバイルの自社回線に対応していない機種がある

楽天モバイルは既存のユーザーに対して、2019年10月からはMNOとして提供する自社回線への移行を推奨しています。

移行を促進するための施策として、2019年3月14日10時以降に楽天モバイルを新規契約したユーザーには、自社回線専用のSIMカードが送付されることになっています(同日9時59分以前に契約したユーザーについては後日案内される予定です)。

SIMカードを受け取ったユーザーは、回線の切り替え手続きを行って楽天モバイルの自社回線に移るか、今まで通りNTTドコモもしくはauの回線を使い続けるかを選択できます。注意すべきなのは、ここで「楽天モバイル自社回線への切り替え」を選ぶ場合です。

楽天モバイルは現在27機種のスマートフォン(2019年8月6日時点)を販売していますが、このうち自社回線に対応しているのは12機種のみ。根強く支持されているアップルの「iPhone SE」をはじめとした15機種は、楽天モバイルの自社回線に対応していません。

 

2019年10月以降もドコモ回線/au回線で使い続けることは可能


出典:https://kakakumag.com/pc-smartphone/?id=14203

10月から提供される楽天モバイルの自社回線に対応しているのは以上の12機種ですが、これ以外の機種を選びたいという人はどうすればいいのでしょうか。

自社回線への移行に関する楽天モバイルの案内によれば、SIMカードが送付されても切り替え手続きを実行しないままでいれば、前述のように従来の回線で使い続けることが可能です。

つまり、10月に楽天モバイルが自社回線の提供を開始しても、NTTドコモやauの回線がすぐに使えなくなるというわけではありません。自社回線に対応しないスマートフォンを購入した人も、しばらくはMVNOとして提供されている従来の回線で利用し続けられます。

また、回線の移行は楽天モバイルによって「推奨」されてはいますが、10月になったら絶対に移行しなければならない、というわけではありません。自社回線に対応する12機種を使っていても、従来の回線に不満がなければ、すぐに切り替える必要はないのです。

“楽天モバイルへの乗り換え/今だからこその注意点”への3 つのコメント

  1. いきなり楽天の自主回線に切り替えるのは怖い気もする。しばらく様子見したい。

  2. 料金が今後上がっていくことのないようにしてほしいです

  3. 楽天にしようかと思ってたけど迷うわーこういう過渡期にはあまり関わりたくない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。